土佐和紙壁紙の歴史
土佐1000年の歴史

土佐和紙の愛称で知られ国内はもとより、海外でも高い評価を得ている高知県 の土佐和紙は延長5年(927年)醍醐天皇のころ延喜式献上品として奉書紙・杉原紙を献納した史実から千年前にすでに製造されていた長い歴史と誇りがあります。
 また土佐日記で知られる平安時代の歌人、紀貫之が延長8年、土佐の国司として入国し製紙業を奨励しています。
 1591年(天正19年)土佐の安芸三郎左衛門家友は伊予の人新之丞から製紙を学び土佐七色紙を創製しました。
慶長6年(1601年)土佐の藩主山内一豊が土佐七色紙を幕府に献上し、ま た藩の御用紙として藩から特別の保護を受けました。更に明治時代には、日本紙業界の恩人として今日でも紙業界の人々に知られる吉井源太土佐典具貼紙・三椏改良半紙などを考案すると同時に製紙用具の改良に力を注ぎ紙業発展の基礎を築き上げ生産も飛躍的に増大しました。

高知県の紙業は、よき先人と良質な石灰や清流仁淀川の澄んだ美しい水、豊富で優れた製紙原料によって盛んになりました。
手漉き和紙の精巧で円熟した伝統技術の味わいは画一的な製品にはない個性ある日本の美を示すものとして高い評価を得ています。土佐典具貼紙清帳紙は国の無形文化財に指定され、また、昭和51年12月には土佐和紙の名で国の 伝統的工芸品として指定されるなど高い評価を受けています。
それらの伝統技術をいかした土佐和紙壁紙は、現在日本各地で使用され好評を頂いています。

クロスロード