オリジナルパーツ


ジェイズ コンプリート

・CBX1000
・CB900F
・CB750F

ブログ


メール


特定商取引に関する法律


PDFファイル

ハーネスカタログ(表)



■CB-F用 BIG1 ボルトオン18インチ足回り取り付けキット

  • CB750F/900F/1100Fに、BIG1フロントフォーク、前後ホイールをボルトオンで装着できるキットです。
    ただ取り付けるだけでなく、ステムには適切なオフセットを与え、スイングアームは不要なピッチングを抑える効果をもたらしています。走行面においても、基本的なセットアップが出来ています。


■CB1000SFサスペンション、ホイール対応ステムキット ジェイズ “ライトナンバーステム”
販売価格 159,600円(税込)



   ・純正ライト、メーターステー対応
   ・BIG1純正フロントフォークφ43対応(φ39フォーク用スペーサー別途)
   ・ハンドルロック可能
   ・バーハンドル用クランプ
   ・対応ホイール、タイヤサイズ 350-18 , 120/70-18




ステムのフォークオフセットは直線からコーナリングまでほとんどの「性能」を決める重要な要素です。
このBIG1ボルトオン18インチ足回り取り付けキットに採用された数値は、キットを組んだ時に最大の性能を発揮するように生まれた「正しい=Light」な「数値=ナンバー」です。

コーナリングの際、フォーク・ホイールの持つ重さによりハンドルの切れ込みがステアリングの操作をライダーにダイナミックに伝えることを狙いとしています。

こだわりは、メーターにトップブリッジから20度の角度を持たせること。
少し上を向いたメーターの角度はCB-Fらしさを残します。





関連商品1 「CB-F ヒューズボックス」
ステム交換の時に、純正トップブリッジから、ヒューズボックスを移動するのに役立つパーツです。定価:7,800円


関連商品2 「CB-F ドライブスプロケットカバー」
CB1000SFフロントホイールには、スピードメーターギアがないので、ドライブシャフトからメーターケーブルを取り出します。スタイルとシフトシャフトの剛性を確保した新デザインです。
定価:21,500円
(メーターギアボックス・メーターケーブル別売)




■CB1000SFリアホイール対応 スイングアーム
販売価格 116,000円(税込)


 ・材質7N01 角断面スイングアーム
 ・ブロック削り出しチェーンアジャスター、スイングアームエンド
 ・スタンドフック、チェーンガードオプション
 ・対応ホイール、タイヤサイズ 550-18 , 170/60-18



強度の高いスイングアームはストレス無く走るのに大変重要な要素であることはご存じの通り(コラムvol.2参照)。CB-Fが生まれた頃は、アルミのパーツがまだまだ十分普及する頃ではなくFに採用されたのはスチールパイプでした。剛性と軽さのバランスを考えたCB-F用のアームを作りました。
このアームは軽く流す・・・からスポーツ走行まで十分こなす軽量(純正比-2.2kg)な優れものです。
アーム長を20mm長くすることこそ、コーナリング性能を引き出します。
スイングアームに剛性を求めることに反対ではありませんが、目の字、5画断面、スタビライザー付きというのがありますが、それはとにかく重い。アルミの軽さが全く生かされていない物もあり、ノーマル同等ならまだしも、それより重いものすらあります。
サスの動きが軽快でなく、加減速時やバンピーな路面ではリアのチャタリングを誘発するのはセッティングでも何でもない、アームが重すぎることなのです。スタイルも大切ですが、実用性をもう一度見直しました。
CB1000SF純正スイングアーム流用ではアーム全長が長すぎる上に、サスペンションの変更も必要になります。
走りのレベルが上がったとき、更なるアームの剛性が必要な時が来るかもしれません。その時にもう一度相談してください。その走りに適したアームを提供できるでしょう。このアームに剛性不足を感じたら、走りはかなり進化したと自信を持っていいでしょう。

スイングアーム単体で購入の場合、純正ホイール、純正ブレーキに対応しています。
別売のCB1000SFリアホイール対応ハブキットを使い、CB1000SFリアホイールを併用できます。


画像は、オーダーによるエンドアイタイプのサスに対応したものです。
CB-F以外のサス使用の場合、サスユニットをお送りいただく場合もあります。





■CB1000SFリアホイール対応 ハブキット
販売価格 46,000円(税込)

ジェイズCB1000SFリアホイール用対応スイングアームに、CB1000SFホイールを無加工で取り付けが可能になるハブキットです。
キャリパーブラケットは、CB1000SF純正リアキャリパー取り付けを標準としています。
ディスク径の変更に伴う、キャリパーの位置変更、キャリパーの変更にあわせてブラケットを交換することが出来ます。




CB1000SF純正ホイールの場合は、ディスク小径変更できません。社外ホイールへ換装の際、PCDが同じCBR1100XXの256mmディスクへの変更が可能となります。
その時、キャリパーサポートの部品を変更し、小径ディスクに対応することが出来ます。
純正ディスク径、小径に対応したブレンボ2ポッドキャリパーブラケットも随時用意していきます。
純正スイングアームへこのハブキットの対応はできません。




ご注文の際の注意事項


排気量、年式をお知らせください。750FZ,FAなど、ピボット径が違う物は製作に時間がかかる場合があります。

CB1000SF サスペンションの内容

フロント
     φ43正立フォーク インナーダンパーロッド
     フロントディスク φ310 セミフローティング
     キャリパー ニッシン4ポッド対応ピストンキャリパー
     ホイールサイズ 3.50-18
     適合タイヤサイズ 120/70-18
     ○2008年現在 販売タイヤ銘柄
       ダンロップ   ロードスマート
                D202F
       ブリジストン  BT020
                BT021
                BT54
                BT57
       ミシュラン  パイロットロード2



リア
     リアディスク φ276
     キャリパー ニッシンシングルポッドスライドピン
     ホイールサイズ 5.50-18
     適合タイヤサイズ 170/60-18
     ○2008年現在 販売タイヤ銘柄
       ダンロップ   ロードスマート
                D202F
       ブリジストン  BT54



          ・    ・    ・
          ・    ・    ・
          ・    ・    ・
          ・    ・    ・
          ・    ・    ・

生粋のスポーツバイクとして生を受けた
CB-Fも現代の道路事情ではサスペンション。ブレーキのビハインドを感じずにはいられません。性能向上した現行モデルと乗り比べるとどうしてもダンピングの不足したサスペンション。ブレーキの効きにハンデを感じるのは確かです。

旧車の足回りの選択は簡単なことではありません。

ホイールのみならず、ステム・フォーク・ホイール・スイングアームなどすべてのパーツの交換で、安全と走行性能をミックスした高い選択、調整能力を要求されます。

今まで、いろんな組み合わせをしたものの、満足を得られず、気がつくと高額の出費だった・・・・よく聞く話です。

それゆえ「純正以外に換えない方が良い」という意見さえ生まれています。

このキットはジェイズの選択したCB-F用サスペンションキットです。他車流用というだけではありません。
無加工での取り付けを前提に、長期使用を考えた部品構成。
CB1000SF純正フォークは、純正といえど高い性能を持ったサスペンションであります。

また、ジェイズのCB1000SF用サスペンションパーツに換装し、よりレベルの高い走行レンジに向けて、フロントブレーキは市販のパーツで意外と簡単にグレードアップできます。

リアキャリパーはCB1000SF純正キャリパーを標準と考え、走行レベル、使用状況如何でディスク径、キャリパーの種類まで選択できるように、システムサポートを採用しています。

究極のスポーツ走行には種類の豊富な17インチタイヤが適しています。が、18インチのCB1000SF用ホイールは、Fの車格を一層大きく見せ市街地では迫力のスタイル、ワインディングにも適した走行性能を与えてくれるのです。