さてさてでは前回書いたよに今回はホーネットキラービーの宣伝?でもしましょかね(笑)


まず
HKCー672l+MGS
これはズバリ流行りの
ベイトフィネスロッド。しかもなんとマイクロガイド採用と言うまぁなんちゅーか流行りで言えば最も【今っぽい】ロッドだ。
ベイトフィネスロッドってのは最近特に細分化が始まりいよいよ熟成の時を迎えているように感じる。スピニングであれだけモデル別にリリースされとるのだからそうなってもおかしくないですわな。

っでHKCー672l+MGSはそんなベイトフィネスロッドの中でも非常にバーサタイルな特性をもっている。
テーパーはファスト。しかしソリッドを採用した尖った激ファストではなく非常に素直なファストテーパーのロッドだ。








リールはもちろん同時期にPFJから供給されたLTX

ラインはバニッシュウルトラの7lbがメイン



この竿はZPIのベイトフィネス用にもう1本くらい欲しいですな。











シェイク時なども無理せずにティップだけを震わせてルアーにアクションをつける事が出来る。ソリッドの先端自重を生かした自動的な振り子シェイクと違う。けどこの
無理せずってのはホンマにとても大切で決して動かし難いとはならない。
僕が使った感じ2g台のルアーならばまず問題無く使える。そして最大7g程度までも使える。
っで逆に
ソリッドを採用していない為に確かに操作性は落ちるが優位な事柄も発生する。
ソリッドは5gを超えるウエイトだとピッチングなどショートレンジでは必要以上にティップが入りすぎてリリースタイミングがズレてキャストフィールに支障が出る。しかしこのチューブラー竿にはそれが無い。つまり
扱える重さの適合範囲がとても広くなる。





噂のマイクロガイド採用でございます。






まぁそれも作り手の腕なんだがこのロッドは特にアクションと投げやすさのバランスが絶妙な位置に設定されていると思う。
そしてやはりマイクロガイド。前にも書いたがライトアクションのロッドに関しては特にマイクロガイドの恩恵は凄く出て、非常にシャープな印象を受ける。
まぁマジでベイトフィネスのお手本のようなロッド。先にベイトフィネスの細分化が始まっていると書いたがこの竿さえ持っておけばまず外したってならないのは間違いない。
ちなみにこのロッドは2ピースを選んだ。ベイトフィネスにおけるオカッパリの可能性を感じたから。ベイトフィネスはマジでオカッパリにホンマに使える。僕は最近オカッパリではホンマにベイトフィネスロッドで釣りする事が多くほぼこの一本でまかなう。スピニングは殆ど使わないに等しく、プラスするなら次に紹介するロッドでカバー攻略って感じですな。





っでそのカバー用ロッドに
HKCー672MH
これはマックス1オンスまで使えるパワーロッド。ぶっちゃけこれと言った特徴は無い(笑)ごくごく普通のこのクラスのロッド。
しかし言い方変えれば
この竿もとてもバーサタイル。特徴は無いが実に定番的なロッドでタイプ的にはムッチリしたトルクロッドより若干シャッキリした金属的ロッドの性格。こいつもホンマになんでも使える安心感がある。









重量級バーサタイルロッドに組み合わせるリールはレボエリート暁


ラインはバニッシュウルトラの14lbが多いですね。


レジスタFCR66Mは僕的には完全にテキサスに固定して
こっちの竿を状況に合わせて別のルアーなどにシフトして
柔軟に使い分けるイメージ









このロッドを話す時に一つ比較として話したいのがファンタジスタ・レジスタFCR66M。このロッドはスーパーテキサスロッドと異名を取るロッドなんだがFCR66Mの場合適合ウエイトの3/4oz以上のルアーを使う気が起こらない。弾性が高いカリカリの超高感度ロッドでヤバい予感がする。ホンマにスペシャルロッドなんです。
しかしHKCー672MHは1オンスの適合重量をさらに上乗せしてイケる気がする。その違いだ(ワカル?言いたいこと?)
HKCー672MHならばテキサス以外にもジョルトやワールドブレイドの22gモデル。さらにはビッグスピナーベイトなんかの巻物まで良いんです。









写真でハードルアーがついてますがこちらも抜群ですよ!!!

デプスさんとこのヴァイブレーションが超マイブーム


このリップで通常のヴァイブよりひっかかり難いのがキモ。

まぁ用はシンキングクランクですな。









ちなみにこのロッドも2ピース。当然オカッパリも見越してね。この手ハイパワーロッドは特に2ピースとの違いを感じ無い。ってか良く継ぎ目の曲がりが悪いとか言われるでしょ?
ハッキリ言ってファストテーパーのロッドとハイパワーロッドは良く見りゃ継ぎ目の場所まで竿が曲がって無いんですね(極端に言えばよ)曲がってないのに違いが出る訳無いでしょ?だったら2ピースのが様々な用途に使えるに決まってるやん。固定観念にとらわれずに真実を見極めましょう(笑)






って事で次はさらに硬い
HKCー712EXH
上の理由で硬いので当然2ピースを選択。この竿はビッグベイト専用ロッドです。特徴はズバリその長さですな。ファンタジスタシリーズの最大の弱点は実はビッグベイトロッドが無かった。
っで僕は以前ホーネットデビルスナイパーHDC741EXHって竿を偏愛していたのだが、この竿は表示通り7フィート4インチ。まぁまったく問題無く素晴らしいロッドやと思っていました。







しかしHKCー712EXHを使ってみるとまぁこの7フィート1インチの使い易い事。
ビッグベイトと言えばやっぱ最近はジョイクロなどの
スローシンキング系を水中でテクニカルに扱うのが必須。
ジャークしたりと小技が必要なんですな。このような使い方の変化にたった3インチの違いを実感する。
これは人の身長などにもよるが3インチの差が竿の取り回しに抜群の操作性を与えてくれた。

恐らくなんやけど、これ以上竿が短くなるとただの棒となるワケでビッグベイトロッドって7ft〜7.5ftくらいが限界なんちゃいますかね?
またグリップの長さも良かった。あまり長すぎるのも非常に取り回しが悪い。フッキング時に脇腹に当たらずに肘にはかかる長さで最高に力が入れやすい。このロッドもムッチリトルクタイプの竿では無く若干しゃっきりとしたタイプ。非常に安心感があり殆どのビッグベイトはこれで賄えます。






さて次は
HKCー661Ml。
この竿は1ピースをセレクトした。それはズバリ、ファストレギュラー気味の可変テーパー。
つまり継ぎ目が曲がりに若干かかってしまうから。まぁあんまり変わらんのやけどやっぱ怖かったから無難にこれは1ピース。次買うなら間違い無く2ピースです。







中量級バーサタイルロッドに組み合わせるのはレボIB
フルーガーで採用されアブにも移植されたインフィニブレーキシステム


これは本当に中量級ルアーにはめちゃくちゃ重宝する。


リールの特性上とても扱い易いリールです。









可変テーパーでわかるように僕の巻物には欠かせないロッド。
恐らく一番使用頻度が高く。ワールドブレイドの11gはこのロッドで開発したと言っても良い。
このロッド巻物で使うなら良い感じにウエイトが竿に乗り、押し出すように抜群のキャストが可能。
かといってこの竿もムッチリトルクタイプでは無く、若干シャッキリしている。
っで巻物以外では軽めの5〜7gテキサスやラバジなどは良い感じにティップが動き非常に操作しやすくまるでファストテーパーのフィーリングを持っている。間違い無くこれも超一級品のバーサタイルロッド。本当に素直な特性で作られていますね。







ワールド・ブレイはこれで作られました。




ワームテストの時はFSS-60ULSですな。


僕の場合思い出に残る竿ってのは必ずそこに何か印象に残るルアーがある。











まぁもしキラービーシリーズを買うなら一番始めに買って欲しい。
この竿の持つ扱い易さや弾性がキラービーに共通する【何か】だと思ってもらっても良いです。





そして最後に唯一のスピニング
HKCー661LS
このロッドは
一番想定外であり、またこいつを手にしてキラービーシリーズの良さが確信に変わった。
元来僕の考えではキラービーシリーズのようなロッドは
ベイトロッドに関しては良いと思っていた。

やっぱライトなスピニングタックルは最高機種であるファンタジスタシリーズとに差があると思っていたんですな。ぶっちゃけスピニングに関してはキラービーシリーズを持つつもりは無かったんです。
っでベイト4本を手に入れて使ってみるとあまりにも良い。ちょっと想像以上にね。上でも書いてるが全体的に高弾性のロッドなんですな。
これが僕の予想以上で、これならば・・・・・やっぱ興味ってか気になるやないですか・・・スピニングシリーズを・・・
ちょっと無理言って送って貰った。
っで
予感的中。まさかのビックリスピニングシリーズでした(笑)








比較的弾性が高いキラービーシリーズはスピニングシリーズもイケてるのが発覚
ハッキリ言うてかな〜り想定外に素敵



個人的には長い目のスピニングをキャロ以外で使うのは僕も久し振り。

ただしミドストなど空中戦でロングロッドを使う場合前後バランスが良い竿が前提
つまりコイツはかなりイケてるロッドって事。







このHKCー661LSはソリッドティップを採用した
6フィート6インチのどちらかと言えば僕的にはロングロッドの部類に入る。
しかしまぁなんといってもロッドの前後バランスが素晴らしく、実に扱い易いロッドなんですな。これはねぇ・・作る人が上手い。
まとめ方と言うかね。。。
やっぱこいつもベナベナした感じでは無くどこかシャッキリしているんやけどキチンとソリッドの入りが効いてシェイクなど小手先の技に答えてくれる。








超先端ソリッドではなく扱い易いソリッド
でも意味無し硬いソリッドとかでは無く




ソリッドの良さは十分出ているるロッド。











長い竿ってこれがとても難しいんですよ。ダウンショットの操作感は言うに及ばずですが圧巻はジグヘッドを使ったミドストなど空中戦をさせたら非常にイケてる。ヒタヒタと緩めた状態でリグとラインのテンションを感じながら違和感を感じたら長いストロークを生かしてフッキング。
カツっとフックを貫通させるパワー、そしても何より
扱えるウエイトの幅が広いのも長い竿ならではの妙技ですな。

長い竿はバランス悪いとホンマチンカスみたいなロッドにもなり得るからホンマにこれも絶妙の一言。めちゃくちゃバーサタイルなロッドで間違い無く超ライトロッドの入り口を垣間見れるロッドです






さて長々書きましたがいかがでしたか?

最後に言うておきたいですがホーネットキラービーはけして
超軽量の竿では無いです。でも重いとも感じない。
これがマジでこのロッドの凄い所で
全てが許される心地よい範疇で作られている。値段・デザイン・操作感。

ほんまに作る側のセンスですね。限られた素材で素晴らしくまとまった竿です。
まぁ一言で言えばキラービーは
【バーサタイルな特性を持った若干高弾性系のロッド】ってのがシリーズ共通の特徴。
良いか悪いかはその人次第やけど間違いなく上級者が使っても不満は起こらないロッドやと思いますよ!!!